art-tokyo

「貞永式目」という事件

「貞永式目」(泰時)は何らの法理上の典拠に基づかない
で制定された人類史上初の法律ですが、以後600年、明治
に至るまで続いたのである。そして、その背景に明恵の
華厳思想としての”道理”(あるべきようは)がある、と
山本七平氏は推論する。

Comments are closed.