art-tokyo

「老いの超え方」」吉本隆明

「太宰治の「アカルサハ、ホロビノ姿デアラウカ。
人モ家モ暗イウチハマダ滅亡セヌ」(「右大臣実朝」)
というのが好きです。
僕らもそうで、まだおれは暗いから滅びないというか、
まだ仕事ができるという感じですね。」

Comments are closed.