art-tokyo

禅と私

「私の作品を虚無という評価がありますが、西洋流の
ニヒリズムといふ言葉はあてはまりません。心の根本
がちがふと思っています。道元の四季の歌も「本来ノ
面目」と題されてをりますが、四季の美を歌ひながら、
実は強く禅い通じたものでせう。」
(川端康成)

Comments are closed.