art-tokyo

十七条憲法(聖徳太子)

一に曰く
和を以て貴(とうと)しとし、忤(さから)
うこと無きを宗(むね)とせよ。
人みな党(たむら)あり。また達(さと)
れる者少なし。
ここを以て、或は君父(くんぶ)に順
(したが)わず。
また隣里(さととなり)に違(たが)う。
しかれども、上(かみ)和(やは)らぎ、
下(しも)睦(むつ)びて事を論(あげつら)
うに諧(かな)うときは、事理(じり)おの
ずから通ず。何事か成らざらん。

<現代語訳>
第一条
おたがいの心が和らいで協力することが
貴いのであって、むやみに反抗すること
のないようにせよ。
それが根本的態度でなければならぬ。
ところが人にはそれぞれ党派心があり、
大局を見通している者は少ない。だから
主君や父に従わず、あるいは近隣の人びと
と争いを起こすようになる。
しかしながら、人びとが上も下も和らぎ
睦まじく話し合いができるならば、ことが
らはおのずから道理にかない、何ごとも
成しとげられないことはない。

Comments are closed.